2007年10月12日

セカンドライフオンラインゲーム

セカンドライフオンラインゲーム
は、リンデンラボ社が提供するオンラインゲームです。


Second Life(セカンドライフ)では
インターネット上の仮想世界のなか、プレイヤーによってあらゆる物を思いどおりに作り出したり(家や乗り物、服や動物など)それを売買することができます。また、自分の分身であるアバターが他のアバターと会話をしたり遊んだりすることができます。


セカンドライフオンラインの中では
「リンデン・ドル」と呼ばれるゲーム通貨が流通していて、この通貨でバーチャル内での商品を購入したり、労働やカジノなどで通貨を増やすことができます。
聞くところによると、メタバースセカンドライフのユーザー数はすでに200万人に達していて、不動産売買の仲介やデザイナーなどの事業で年間10万〜20万ドルも稼ぐ人がいるそうです。


セカンドライフオンラインゲームでは
インターネット上に存在する3次元空間のなかで、現実の世界とは別の仮想世界における「第二の人生」を思い切り楽しむことができるのです。
2007年7月、セカンドライフオンラインゲーム日本語版が公開されテレビや雑誌などで話題になりました。
それからというもの日本人ユーザーや日本企業の参入がどんどん増え続けてています。


Second Life(セカンドライフ)を
楽しむのに費用はかかりません。。
無料配布されているセカンドライフ用のソフトは簡単にダウンロードできます。難しい手続きは一切なしでだれでもセカンドライフオンラインゲームに参加できます。
posted by secondlife-japanese01 at 15:16 | TrackBack(0) | セカンドライフオンラインゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セカンドライフリンデンラボ

セカンドライフリンデンラボ
セカンドライフは、リンデンラボ社が提供するオンラインゲームです。



リンデンラボ社
とはどんな会社なのでしょうか、Wikipediaで調べてみました。

リンデン・ラボー(Linden Lab)とは、アメリカ、サンフランシスコに本社がある企業である。インターネット上で利用できる仮想現実の
シミュレーションネットワーク、Second Life(セカンドライフ)を運営している。
CEOは、リアルネットワークス社の元CTOである、フィリップ・ローズデール(Philip Rosedale)である。
2007年2月5日の時点で、28名の技術者を含む、140名の社員を雇っているとしている。


セカンドライフ開始当初
セカンドライフリンデンラボ社はこのオンラインゲームが世界中の企業を巻込むほど大きなビジネスになるとは予想もしていなかったようです。
セカンドライフ内でビジネスを始めようとする企業は後を絶たないようですが、リンデンラボ社は技術ツールと土地の提供に徹していて、運営のコンサルティングや開発は代理店が行っています。


セカンドライフリンデンラボ社
は企業に人気の「島」を16エーカーあたり1675ドル、月額管理費295ドルで提供しています。リンデンラボは収入の約70%を土地提供代と管理費から得ているようです。

セカンドライフリンデンラボ
の社員数は100人あまり。多くのボランティアスタッフが業務にあたっています。
posted by secondlife-japanese01 at 14:35 | TrackBack(0) | セカンドライフリンデンラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。